肝癌に対する超音波ガイド下RFAにおけるNeedle tracking systemの実際

category:要旨
2018.05.01

肝癌に対する超音波ガイド下RFAにおけるNeedle tracking systemの実際

1) 順天堂大学大学院医学研究科消化器画像診断・治療学
2) 東京医科大学八王子医療センター消化器内科
3) 山王病院がん局所療法センター

今井康晴1)、平良淳一2)、佐野隆友3)、大濱日出子1)、金澤 亮1)、佐藤公紀1)、清水基規1)、石井重登1)、高和 正1)、永松洋明1)、森安史典3)、椎名秀一朗1)

 RFAの穿刺時に用いられているVirtuTRAXはMonitoringとしては使用可能であるが、特別な工夫を行わない
限りNavigationとしては使用できない。穿刺針位置情報を超音波画像に表示する呼称としては、Needle
navigation systemではなく、Needle tracking systemとすべきである。

 VirtuTRAX used in RFA for liver cancer is not able to employ as a navigation system, unless we perform
a special device. However, we can use it as a monitoring system. Thus, displaying the real-time positional
information of the puncture needle on the ultrasound image should be termed needle tracking system, not
needle navigation system.

RadFan2018年5月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る