穿刺治療時の3D-GPSマーカ活用法

category:要旨
2018.05.01

穿刺治療時の3D-GPSマーカ活用法

宝塚市立病院消化器内科
田中弘教、菊地珠希、田村公佑、神保仁美、川端一美、井上佑真、内橋孝史、宮本勇人、山崎之良、柚木崎紘司、李 兆亮、杉田光司、宮崎純一、阿部 孝

 3D-GPSマーカは任意の部位の大きさ・形態・色調などを、簡便な設定のみで利用可能な新機能であり、小病変
のRFA治療時には特に有用であった。VirtuTRAXと連動させた3D針先マーカは、新たなセンサーを準備する煩
雑さはあるが、深部病変に特に有用であった。これらの新機能には課題はあるが、条件に応じて使い分けることで
有用な治療支援ツールとなる。

 The 3D-GPS markerTM is a new function that can display the virtual HCC nodule only with simple setting
available for the volume navigation system, and was particularly useful for RFA treatment of small lesions.
3D needle tip marker (3D GPS markerTM with VirtuTRAXTM) was especially useful for deeper lesions,
although it is cumbersome to prepare a new sensor. Thus, 3D-GPS markerTM will become a useful
therapeutic support tool by appropriate use according to the condition.

RadFan2018年5月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る