Penumbra Coilの使用経験

category:要旨
2018.05.01

Penumbra Coilの使用経験

熊本大学大学院生命科学研究部放射線診断学分野
池田 理

 Ruby coilを用いた塞栓術では、太く、長いコイルの特徴を生かし、使用本数の削減と手技時間の短縮が可能で
あった。また、3種類の柔軟度、形状のラインナップを使い分けることにより確実で高いコイル体積率を実現できた。
更に、Peripheral occlusion Device(POD)による母血管塞栓では、比較的血流の高い血管でもアンカーコイ
ル機能により目的部位からずれることなく正確な留置が可能で、パッキングコイル機能によりコイル使用数を削減
できた。

 Utilizing the Ruby Coil’s larger size, volume, flexibility, and long lengths reduced the number of embolic
devices needed and procedural time. Offering three levels of softness and shape lineup, using different
devices for different tasks enabled delivery into difficult spaces or vessels and facilitated higher packing
density, and a reliable high coil volume ratio could be realized. With maternal vascular occlusion by the
peripheral occlusion device (POD), even blood vessels with a relatively high flow do not deviate from the
target part due to the anchor function and accurate placement is possible. The packing coil function
leads to the use of fewer devices.

RadFan2018年5月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る