CERENOVUS(Johnson & Johnson)コイル製品の概要

category:要旨
2018.05.01

CERENOVUS(Johnson & Johnson)コイル製品の概要

東京医科大学・放射線医学分野
佐口 徹、勇内山大介、大高 純、池永翔一、代田夏彦、守矢知永、高良祐葵、齋藤和博

 CERENOVUS(旧Codman)には、Trufill DCS、Orbitから発展し、2011年から現在の名称となったOrbit
GALAXYとMicrus microcoilsからラインアップの再編が行われ2017年末から登場したSPECTRA family
of coilsの2つのブランドがある。SPECTRAにはFRAME S、FRAME C、DELTAFILL/XSFTと特徴の異なる
多彩なラインアップがある。コイルの離脱方式は両者で異なっており、Orbit GALAXYは水圧離脱方式、
SPECTRAは電気離脱方式を採用している。なおOrbit GALAXYは2018年中には電気離脱方式のGALAXY
G3がSPECTRA family of coilsとして販売される予定となっている。本稿では、CERENOVUSのコイル製品
について、それぞれの特徴及び使用方法を概説する。

 CERENOVUS has FRAME S / C, DELTAFILL / XSFT and GALAXY microcoil systems. The anatomically
compliant frame and high shape memory of the FRAME S is designed to provide robust scaffolding and
optimal neck coverage. The complex design combines helical and infinity loops, allowing the FRAME C to
comply with the walls of the aneurysm. DELTAFILL / XSFT are designed with hundreds of natural micro-
deflection points so the coils can easily change direction, which allows the coils to seek and fill open
spaces. GALAXY has a unique, complex random loop design and fill the open spaces in an aneurysm,
enabling greater packing density.

RadFan2018年5月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る