診療放射線技師が考えるディープラーニングの応用

category:要旨
Share (facebook)

診療放射線技師が考えるディープラーニングの応用

茨城県立こども病院 本元 強

 近年、深層学習(Deep Learning、以下ディープラーニング)、特に畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional
Neural Network:CNN)は、急速に医用画像を解析するための選択方法となっている。本稿では、医療分野におけるデ
ィープラーニングのユースケースと最新の研究を紹介した。また、医用画像解析におけるディープラーニングの応用とし
て、Neural Network ConsoleとKerasソフトウェアの環境構築について簡単に紹介した。

 Recently, deep learning algorithms, particularly convolution neural network, have rapidly become a method of
choice for medical image analysis.
 In this paper, I introduced some examples and the latest studies of deep learning in medical field. Moreover, I
also introduced a brief overview of applications of deep learning in medical image analysis, Neural Network
Console (Deep learning Training System) and Keras (Deep Learning Training system) softwares.

RadFan2018年4月号目次に戻る

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る