PACSのコモディティ化と人工知能による医療業務支援

category:要旨
2018.03.30

PACSのコモディティ化と人工知能による医療業務支援

京都医療科学大学医療科学部 江本 豊

 放射線検査はデジタル化が進み、ビューワは高性能化し製品間の機能的な差は少なくなり、コモディティ化している。今後の
トレンドはPACSを含めた放射線業務システムへのAI応用であろう。特に、電子カルテと連携したレポートシステムと
PACSがAIによる放射線科検査支援の要になろう。一方で実用化にはAIの教育に適切なデータを蓄積する必要がある。

 Recently, PACS viewers are rich in feature. They are not very different in functions and prices. A trend
of PACS products will be artificial intelligence technology in radiology department. The integrating AI
technology in PACS and other medical systems is the key to support radiological examination. It is important
to accumulate appropriate data for training practical AI applications.

RadFan2018年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る