アミロイドおよびタウPETの役割

category:要旨
2018.02.28

アミロイドおよびタウPETの役割

東京都健康長寿医療センター研究所 神経画像研究チーム 石井賢二

 アミロイドPETは、アルツハイマー病における老人斑密度を推定し、最早期の病態を検出できる診断法としての
意義が確立された。タウPETは神経障害の最も客観的な指標として期待されるが、現在実証研究が進められている
ところである。これらの病態特異的画像診断は、認知症診療においても早期の正確な診断をもたらすと期待される。

 Clinical application and diagnostic significance of emerging techniques of amyloid and tau PET imaging
will be discussed in this article. Amyloid imaging has been established as a reliable imaging biomarker
which enable us to visualize the deposition of fibrillary amyloid ß (senile plaque) in the living human brain.
In the past decade, this technique significantly accelerated clinical research for early diagnosis and
development of disease modifying drugs for Alzheimer’s disease (AD). Tau imaging is expected to be a
useful imaging biomarker to visualize neurofibrillary tangles which plays an important role not only in AD
but also non-Alzheimer tauopathies, however, still need to be confirmed by histopathological
examinations.

RadFan2018年3月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る