認知症診療における核医学検査

category:要旨
2018.02.28

認知症診療における核医学検査

東京医科大学高齢総合医学分野 清水聰一郎、羽生春夫

 今日の認知症診療において、画像診断は重要な役割を果たす。特にsingle photon emission computed tomography(SPECT) を中心とした核医学検査は特に重要である。また、今日ではSPECTのみならずMIBG心 筋シンチグラフィ、ドパミントランスポーターイメージングも認知症の日常診療において広く普及している。本稿で は、認知症診断における核医学検査について述べる。

 Imaging technique plays an important role in daily clinical setting of dementi. Especially nuclear medical examination centered on single photon emission computed tomography (SPECT) is particularly important. Moreover, not only SPECT but also MIBG myocardial scintigraphy and dopamine transporter imaging are widely used today. This paper describes nuclear medicine examination in dementia diagnosis.

RadFan2018年3月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る