半導体SPECT装置を用いたダイナミック心筋血流予備能定量法

category:要旨
2018.01.29

半導体SPECT装置を用いたダイナミック心筋血流予備能定量法

愛媛大学大学院放射線医学 宮川正男、石村隼人、渡部笑麗、川口直人、望月輝一

 半導体SPECT装置を用いたダイナミック心筋血流検査のデータから、冠血流予備能(coronary flow reserve: CFR)を測定することを目的としたソフトウェア:FRATを開発し、冠動脈疾患における有用性を評価した。新しいソフトウェア:4DM Reserveの初期経験も報告する。

RadFan2018年2月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る