T1、T2 mappingによる心筋性状評価

category:要旨
2018.01.29

T1、T2 mappingによる心筋性状評価

東北大学病院放射線診断科 樋口 慧、大田英揮

 T1、T2 mappingでは心筋性状を定量的に評価することができる。心筋の局所の線維化、瘢痕を同定する遅延造影とは異なり、非虚血性心疾患などのびまん性心筋障害もその程度を評価することができ、鋭敏な心筋障害の指標になりうる。一方で、得られる定量値を適切に理解、評価するためにはその撮像原理や、値に影響しうる様々な要因を知っておく必要がある。

RadFan2018年2月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る