テクスチャ解析を用いた脂肪肝のBモード画像の線維化診断の試み

category:要旨
2017.11.24

テクスチャ解析を用いた脂肪肝のBモード画像の線維化診断の試み

1)日本大学医学部消化器肝臓内科
2)電気通信大学大学院情報理工学研究科機械知能システム学専攻
松本直樹1)、 熊川まり子1)、 渡邉幸信1)、 平山みどり1)、 三浦隆生1)
中河原浩史1)、 小川眞広1)、 森山光彦1)、 小泉憲裕2)

 非アルコール性脂肪肝疾患において、予後因子として線維化が重要と言われており、脂肪肝症例の線維化の程
度をBモード画像のテクスチャ解析と比較した。病理所見で脂肪肝と診断された38例を対象としたところ、濃度ヒ
ストグラム法の歪度(r=0.364, P=0.027)が相関を示した。相関係数の高い特徴量は見られず、関心領域の設
定など課題が残った。

RadFan2017年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る