画像診断能力を生かした放射線治療

category:要旨
2017.11.15

画像診断能力を生かした放射線治療

東邦大学医療センター佐倉病院中央放射線部技師長補佐 伊藤照生

 IMRTが開始されて以降、医療現場の実態に合わせ、診療報酬が次々と改
定され、チーム医療推進に関する医政局長通知が出され、診療放射線技師
法の改正まで行われた。放射線治療分野も含めて、急激な放射線診療技術
の進歩に対応するためである。画像誘導や患者の観察、直腸内へのカテー
テル挿入など、ますます診療放射線技師の重要性が増えている。

RadFan2017年12月臨時増刊号目次に戻る

このページの先頭へ戻る