国立がん研究センター中央病院の場合

category:要旨
2017.11.15

国立がん研究センター中央病院の場合

国立がん研究センター中央病院放射線治療科 伊丹 純

 国立がん研究センター中央病院放射線治療科は我が国で最も規模の大き
い放射線治療科の一つであり、2016年には2,800人以上の患者を治療した。
4台のリニアック、1台のサイバーナイフ、1台のMRIdianをもち、小線源治療
も積極的に施行している。7人の常勤医、5名のレジデント、20名の診療放射
線技師、4名の医学物理士、5名の看護師が放射線治療の臨床を支えている。

RadFan2017年12月臨時増刊号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る