超音波併用検診に向けての問題点と術者養成について

category:要旨
2017.10.31

超音波併用検診に向けての問題点と術者養成について
埼玉協同病院放射線画像診断科 新島正美


 これまで超音波併用検診は主に任意型検診に用いられてきた。近年、対策型検診においても乳腺密度が高いと
言われる40歳代への導入が期待されており、その役割は非常に大きい。「乳房超音波診断ガイドライン」も整備
され、導入の準備も進んでいるが、マンモグラフィ(以下MMG)検診と比較すると、まだいくつかのクリアすべき課
題がある。

 Ultrasonography screening used with mammography has been used in an opportunistic breast cancer
screening mainly.
 It’s expected that that is used for the woman of forties who has dense breast in population based
screening, and has the important role. “Guideline for Breast Ultrasound Management and Diagnosis” is
maintained,and the preparations into which ultrasonography screening is introduced are developed, but
ultrasonography screening has several problems.

RadFan2017年11月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る