乳がん検診における術者育成の問題点と職能団体の役割

category:要旨
2017.10.31

乳がん検診における術者育成の問題点と職能団体の役割
公益社団法人埼玉県診療放射線技師会会長 田中 宏


 マンモグラフィ検診は死亡率減少効果の証明された唯一の方法であるが、高濃度乳房ほどマンモグラフィ検診
の感度は低い傾向を示すという報告がある。
 超音波検査はマンモグラフィ検診に対する追加検査としても期待されており、医師以外で診療放射線技師、臨
床検査技師、看護師は超音波検査を行うことができるが、複数の職種で業務を行うスキルミクスが人材育成に繋が
るのではないかと考えている。

 Mammography(MG) is the only proven method for breast cancer screening.
 Women with their dense breasts are considered unsuitable for screening MG because the sensitivity
tends to be low.
 Ultrasonography is one of the effective modality to support weak point of MG. Radiological
technologists,Medical technologists,Nurses have license of ultrasonography.
 Skillmix is one of the human resource development.

RadFan2017年11月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る