胸部バッテリー検診車(騒音、排出ガスの無い検診車~蓄電池式電源システム搭載~)の導入について

category:要旨
2017.10.03

胸部バッテリー検診車(騒音、排出ガスの無い検診車~蓄電池式電源システム搭載~)の導入について
公益財団法人埼玉県健康づくり事業団事業部放射線課 小笠原洋介


 巡回検診車は対策型検診をはじめ、様々な検診現場で活躍している。
 しかし、大容量の電力を必要とする検診業務を行うためには、発動発電機を稼働させる必要があり、その騒音、
排出ガスは環境問題として認知されつつある。
 そのなかで、検診時、検診車内で使用する電力を蓄電池によってまかなう、胸部バッテリー検診車を、東芝メディ
カルシステムズ株式会社、パワーアシスト社の協力を得、導入した。

 Patrol medical checkup vehicle are active in various checkup sites, including population based
screening.
 However, in order to conduct a screening service requiring a large amount of electric power, it is
necessary to activate a motor generator, and its noise and exhaust gas are being recognized as
environmental problems.
 Among them, a storage-battery type chest checkup vehicle that cooperates with electricity to be
used for screening by storage batteries was manufactured with Toshiba Medical Systems Corporation
and Power Assist Corporation

RadFan2017年10月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る