腫瘍低酸素分子イメージングの現状と治療への応用に向けての展望

category:要旨
2017.10.03

腫瘍低酸素分子イメージングの現状と治療への応用に向けての展望
北海道大学病院核医学診療科(9月1日より、川崎医科大学放射線医学(核医学)教室) 岡本祥三


 悪性腫瘍に対する治療は年々進化し続け、近年はそれぞれの悪性腫瘍における様々な因子によって治療方針
を選択する個別化医療が広まってきている。これらの因子の中で腫瘍低酸素は、特に放射線治療において重要な
因子として近年注目されている。本稿ではPETを用いた腫瘍低酸素分子イメージングとこれをコンパニオン診断
として使用した治療への応用に向けての展望を紹介する。

 The individualized medicine by various tumor factors is now spreading. Tumor hypoxia is a major factor
of prognosis prediction. Positron Emission Tomography (PET) is a useful modality to evaluate tumor
hypoxia noninvasively. The current topic is how to arrange the therapy who has tumor hypoxia using
hypoxia PET as a companion diagnostic. Dose escalation of radiotherapy is the most promising therapy.
Whereas, proton beam therapy, heavy particle beam therapy, or combination of chemotherapy including
platinum agent may be also available for the hypoxic tumor. We need more investigations to find better
therapeutic strategies for the patient with hypoxic tumor.

RadFan2017年10月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る