認知症─ レビー小体型認知症とパーキンソン病を中心に─

category:要旨
2017.10.03

認知症─ レビー小体型認知症とパーキンソン病を中心に─
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
脳病態統合イメージングセンター臨床脳画像研究部 今林悦子


 今年改訂されたDLBの新国際診断基準には心交感神経シンチグラフィとドパミントランスポーターイメージン
グ、脳血流・代謝検査と、3つもの核医学検査が取り入れられている。新たに取り入れられたCingulate Island
Sign(CIS)はFDG-PETでの後部帯状回の相対的代謝保持を示すが、関心領域を最適化した検討により、脳血流
SPECTでもADとDLBの判別において良好な結果が得られている。このCISを中心に核医学検査の有用性につ
いて述べる。

 The Dementia with Lewy Bodies (DLB) Consortium has refined its recommendations about the clinical
diagnosis of DLB this year. Three nuclear medicine procedures are included in the new recommendation;
123iodine-metaiodobenzylguanidine (MIBG) myocardial scintigraphy, dopamine transporter (DAT) imaging,
generalized low uptake on SPECT/PET perfusion/metabolism scan with reduced occipital activity ± the
cingulate island sign (CIS) on FDG-PET imaging. Recently we researched about CIS in brain perfusion SPECT
and concluded that Optimized CISs using brain perfusion SPECT are clinically useful for differentiating DLB
from AD. This feasibility of nuclear medicine in diagnosing DLB is described in this article.

RadFan2017年10月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る