心臓核医学虚血性心疾患における心筋血流シンチ ─定性から定量へ─

category:要旨
2017.10.03

心臓核医学虚血性心疾患における心筋血流シンチ ─定性から定量へ─
熊本大学大学院生命科学研究部放射線診断学分野 白石慎哉


 以前より、PETによる虚血性心疾患における心筋血流量の定量は予後予測や病態解明に対して有用性が高い
ものとして認識されているが、最近、心臓専用半導体SPECTを用いた心筋血流定量が可能となったので、その
臨床的意義も併せて紹介する。

 Quantification of myocardial blood flow in ischemic heart disease by PET scanner has been recognized
as useful for predicting prognosis and elucidating the pathological condition. Recently, similar
quantification using a cadmium zinc telluride (CZT) camera has become possible. We will introduce the
initial experience. If quantitative myocardial blood flow is possible in many facilities, it seems to be useful
in the real sense in evaluating the risk of ischemic heart disease, determining the treatment policy,
determining the therapeutic effect, and so on.

RadFan2017年10月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る