マイクロニードルポート

category:要旨
2017.07.27

マイクロニードルポート
神戸低侵襲がん医療センター放射線科 金田直樹


 皮下埋没型中心静脈ポートは担癌患者の化学療法等で患者QOLを向上させる一方、穿刺時機械的合併症が報告されている。マイクロニードルポート(日本コヴィディエン株式会社)は細径穿刺針やYサイトなどの特徴的なサポートシステムを有しており、これにより穿刺における機械的合併症リスクを軽減することが可能である。本稿ではエコーガイド下穿刺のピットフォールを提示するとともに、その対策を紹介したいと思う。

 Subcutaneous implanted central venous ports (CV ports) improve quality of life in cancer patients undergoing chemotherapy, while mechanical complications during puncture have been reported.
MicroNeedle Ports produced by Nippon Covidien Co. Ltd. have some support systems (microneedle and Y-site etc.). By using the devices, we can reduce mechanical complications. The purpose of this article is to review some pitfalls of real-time ultrasound-guided catheterization and clinical pearls on how to avoid them.

RadFan2017年7月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る