大腸CT検査における腸管外病変 ― 診断のメリットとデメリット ―

category:要旨
2017.07.27

大腸CT検査における腸管外病変― 診断のメリットとデメリット ―
福島県立医科大学会津医療センター小腸大腸肛門科・放射線科 歌野健一


 大腸CT検査では、肺底部、上腹部および骨盤部が撮影範囲に含まれるために、他臓器の悪性腫瘍などの重大な腸管外病変が偶然に発見されることがある。しかし、拾い上げ不要の病変を多数指摘してしまう可能性も報告されている。大腸CT検査における腸管外病変の評価は、現状でも議論があることころである。

  Diagnostic tests used for cancer screening programs usually target a specific organ. However, when screening for colorectal cancer by using CT colonography, extra colonic abdominal and pelvic tissues are imaged unavoidably, which potentially detects disease in organs other than the primary target. Extra colonic abnormality often requires further investigations, including biopsy and even surgery, which may be worrisome, costly, and occasionally harmful, all for no ultimate benefit in most patients. Therefore, diagnosis of extra colonic lesion using CT colonography is still controversial.

RadFan2017年7月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る