治療中も治療後も自分らしくを支援する取り組み −Supports for keeping−

category:要旨
2017.06.29

治療中も治療後も自分らしくを支援する取り組み−Supports for keeping−
虎の門病院 田村宜子

 アピアランス支援と妊孕性温存についての情報は治療開始前または治療早期から必要である。
治療方針が変わる可能性もあることから、医療者は情報提供を適切な時期に行っていく必要があり、
今後この領域での更なる発展が望まれる。

 Is there anything but patients’ needs that we should listen carefully?
The information of care for appearance supports and fertility preservation
are needed appropriately time for patients who need them, but not enough yet.
It may not be major problem regarding survival but important issue for survivorship.

RadFan2017年7月臨時増刊号目次に戻る

このページの先頭へ戻る