乳がん検診と 高濃度乳房対策

category:要旨
2017.06.29

乳がん検診と高濃度乳房対策
東北医科薬科大学乳腺内分泌外科 鈴木昭彦、東北大学乳腺内分泌外科 石田孝宣

 マンモグラフィ検診は科学的に死亡率減少効果の証明された検診方法であるが、高濃度乳房
では精度が低下し弱点として認識される。受診者の不利益を最小化する目的で高濃度乳房を通
知する法律が米国で施行されているが、対策型検診を中心とする我が国においては、超音波など
の追加検査の有用性を見極めた上での導入が望ましく、社会体制の整備に取り組むことが必要である。

 Mammography( MG) is the only proven method for breast cancer screening that
reduces mortality, although it does not achieve sufficient accuracy in dense breasts.
Dense breast notification law is enforced many states in USA, however, it is too early
in Japan because there are no adjunctive modality that provide mortality reduction in
breast cancer screening. Although ultrasonography( US) is one of the promising modality
to support weak point of MG, we have to ascertain the efficacy of US for mortality
reduction in average risk population and also have to work on the setup of the social
system before introducing dense breast notification. 
 
RadFan2017年7月臨時増刊号目次に戻る

このページの先頭へ戻る