低管電圧撮影によるノイズと画像再構成

category:要旨
2017.05.31

低管電圧撮影によるノイズと画像再構成
広島大学病院診療支援部画像診断部門 横町和志

 低管電圧撮影の目的は被ばく低減、造影効果の上昇、それに伴う造影剤量の低減など多くの有用性が報告され
ているが、単に低管電圧にするだけでは被ばくが増えることがある。さらに、低管電圧を使用することで画像ノイズ
が増加し診断能が低下することも知っておく必要がある。そこで、逐次近似再構成法などの技術を活用し、被ばく
線量と画質の関係を熟知し検査を行うことが重要である。

 Although the utility of low tube voltage imaging has been reported for many usefulness such as
reduction of exposure, increase of contrast enhancement, accompanying reduction of the amount of
contrast agent, simply exposure to low tube voltage may increase dose.
 It is also necessary to know that using low tube voltage increases image noise and degrades diagnostic
capability. Therefore, by utilizing techniques such as successive approximation reconstruction method,
the relationship between exposure dose and image quality It is important to conduct inspections with
knowledge.

RadFan2017年6月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る