低管電圧撮影と2管球CT

category:要旨
2017.05.31

低管電圧撮影と2管球CT
自治医科大学附属病院中央放射線部 江崎 徹

 近年、低管電圧撮影の有用性が報告されている。しかし、低管電圧撮影は、AECの設定が煩雑になることや、高
体重の被検者において画像ノイズ増加が問題になる。本稿では、これらの問題を解消するために、CARE kV、
Dual Power Modeについて検証した。

 Usefulness of low tube voltage has been reported. However, the setting of AEC becomes complicated
at low tube voltage, and increased image noise becomes a problem for obese patients. In this paper, in
order to address these problems, CARE kV, Dual Power Mode was verified.

RadFan2017年6月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る