超音波とMRIによる脂肪肝の評価

category:要旨
2017.04.27

超音波とMRIによる脂肪肝の評価
*1 大垣市民病院消化器内科、*2 同形態診断室、*3 同機能診断室
多田俊史*1、 熊田 卓*1、 豊田秀徳*1
片岡 咲*2、 橋ノ口信一*2、 小川定信*3

 B-modeによる超音波の脂肪肝スコアリングシステムとMRIによるIDEAL-IQ法により測定された肝内脂肪含有量および臨床データを比較した。その結果、脂肪肝スコアはMRIの肝内脂肪含有量だけでなく、BMIやHOMAIR、中性脂肪、血糖値、HbA1cなどの臨床データとも良好な相関が認められた。また肝組織の脂肪滴を認める肝細胞の比率とMRI肝内脂肪含有量の相関も良好であった。

 We compared ultrasonographic fatty liver scoring system and steatosis assessment using IDEAL-IQ method on MRI. Ultrasonographic fatty liver score correlated not only MRI assessment, but BMI, HOMAIR, triglycerides, fasting plasma glucose, and HbA1c as well.

RadFan2017年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る