脂肪肝における脂肪定量に関する、CAP、CT、MRIについて

category:要旨
2017.04.27

脂肪肝における脂肪定量に関する、CAP、CT、MRIについて
虎の門病院肝臓センター 斎藤 聡

 肝画像診断の進歩により肝脂肪化の定量的な評価法が可能となっている。USでは減衰を用いた、CAP(Controlled attenuation parameter)がまた、CTおよびMRIにおいても、それぞれ、脂肪肝の定量的な評価法が確立されてきた。非侵襲ないしは低侵襲的な検査であり、今後は病理診断をある程度補完しうる画像診断が可能となっている。

 Advances in liver diagnostic imaging have enabled quantitative assessment of liver steatosis. In the US, CAP (Controlled attenuation parameter) using attenuation is available. In the US, quantitative assessment methods of fatty liver have been established. For CT and MRI, quantitative evaluation methods of fatty liver have been established respectively. It is a noninvasive or minimally invasive imaging that can complement the pathological diagnosis to some extent becomes possible in the future.

RadFan2017年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る