病理から見た脂肪肝の臨床

category:要旨
2017.04.27

病理から見た脂肪肝の臨床
*1 順天堂大学医学部附属練馬病院病理診断科、*2 同消化器内科
松本俊治*1、 大久保裕直*2

 脂肪化、脂肪肝、NASH、NAFLDに関して病理からのレビューを行った。NASHでの組織学的な脂肪肝の程度と超音波所見での脂肪肝の程度の比較検討を行い、1/3の症例では組織像と超音波所見の不一致がみられ、超音波所見と組織像が一致する新たな脂肪化分類の必要性が示唆された。

 A review of fatty change, fatty liver, NASH and NAFLD was made. In the NASH cases, a comparative study between the degree of histological fatty change and the degree of fatty liver by ultrasonographic findings was performed. Subsequently, a third case showed discord. These indicated the necessity of the new classification of fatty change with the concord between histology and ultrasonography.

RadFan2017年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る