プロキシマル・サイドホール・マイクロバルーンカテーテル「LOGOSSWITCH®」登場

category:要旨
2017.04.25

プロキシマル・サイドホール・マイクロバルーンカテーテル「LOGOSSWITCH®」登場
*1慶應義塾大学放射線科(診断)
*2奈良市立奈良病院IVR研究センター
中塚誠之*1、 井上政則*1、 田村 全*1、 小黒草太*1、 穴井 洋*2

 通常型の診断用カテーテルから挿入可能なプロキシマル・サイドホール・マイクロバルーンカテーテルが開発された。バルーン拡張時にバルーン直前の側孔から薬液あるいは300μm以下の球状塞栓物質が注入可能である。特にHCCのTACEに際して挿入困難な側枝から動注、塞栓を行う場合に有用である。

 The proximal side-hole microballoon catheter which can be inserted from a usual diagnostic catheter was developed. During inflation of the microballoon, solution or small spherical embolic materials (0.3mm or smaller) can be injected from a side-hole just proximal to the microballoon on the microcatheter. It is particularly useful for TACE of HCC when interventional radiologists intend to inject anti-cancer agents or embolization materials from a fine side branch of a hepatic artery which is difficult to cannulate.

RadFan2017年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る