当院における拡散強調画像の工夫と臨床応用

category:要旨
2017.03.30

当院における拡散強調画像の工夫と臨床応用
社会医療法人財団石心会川崎幸病院放射線科 中 孝文

 MRI検査において拡散強調画像(以下DWI)は悪性病変の検出に優れているため、現在の画像診断において非常に重要な撮像法の1つである。近年では高空間分解能DWIや全身MRI検査として有用なDWIBSなどの開発・発表が数多く報告されている。今回は当院で実際に行われているDWIの高空間分解能化のための工夫やDWIBSが決定的に有用であった症例などを紹介する。

 0.5 phase FOV has the effect to reduce distortion in DWI. Saturation pulses in the phase-encoded direction reduce aliasing artifacts. Moreover, combination of 0.5 phase FOV and saturation pulses has the effect to improve resolution. High resolution DWI detects malignancy more clearly than conventional DWI.
 DWIBS based on free-breathing DWI acquisition with STIR. STIR is a fat suppression effect more stable than CHESS. Imaging time of direct coronal DWIBS for whole body study is shorter than that of transverse DWIBS.
 DWIBS has the potential to be clinically effective for the important imaging method when unexpected lesions are found.

RadFan2017年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る