コストパフォーマンスが高い核医学検査を目指して

category:要旨
2017.03.30

コストパフォーマンスが高い核医学検査を目指して
大阪大学医学部附属病院医療技術部放射線部門 神谷貴史

 核医学検査は収集時間が長いため、他のモダリティとは異なり患者さんの負担の少ない体位での収集が重要である。当院のスタッフで共有している点を通して、患者さんとのコミュニケーション、収集中の観察、収集データや補正の確認、適正な画像出力、読影に至るまでの工夫や着眼点などを紹介する。

 It is important for nuclear medicine examination that patients are set up with less burden mentally and physically not to move during the scan. New graduate technologists, experiment technologists and board certified nuclear medicine technologist (BCNMT) perform various nuclear medicine examinations in our hospital. BCNMT educates other technologists to improve the image quality by focusing on details, for example, explanation to the patients, validation of acquisition data, precision of attenuation correction, appropriate display of fusion images and so on. Here, I introduce the ingenuity of Osaka University Hospital on nuclear medicine practice.

RadFan2017年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る