18F-FDG-PET/CTの読影法

category:要旨
2017.03.30

18F-FDG-PET/CTの読影法
鳥取大学医学部病態解析医学講座画像診断治療学分野 石橋 愛、田邉芳雄、小川敏英

 18F-FDG-PET/CTはがん診療に欠かせない画像診断の1つである。CTによる形態情報とPETによる機能情報が得られ、診断精度の向上が期待される一方で、CTおよびPET双方の知識が要求され、また画像枚数も多く、読影には多大な労力を要する。本稿では悪性腫瘍の18F-FDG-PET/CTの読影方法について述べる。

 In the manuscript, we detail our approach to interpretation of PET/CT using the most commonly used radiotracer, 18F-FDG.

RadFan2017年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る