マル秘撮影テクニック in 頭頸部癌の画像診断法~国立がん研究センター東病院編~

category:要旨
2017.03.30

マル秘撮影テクニック in 頭頸部癌の画像診断法~国立がん研究センター東病院編~
1)国立がん研究センター東病院放射線診断科
2)筑波大学附属病院放射線診断・IVR科
3)Department of Radiology, Boston University School of Medicine
関谷浩太郎1)、冨田隼人1)、檜山貴志1、2)、久野博文1、3)、楠本昌彦1)

 本稿では、頭頸部癌の画像診断に必要となる、適切な画像を取得するための方法を、このページを開いているアナタだけに特別に開示し、臨床的意義と共に紹介する。基本的には、上咽頭・鼻副鼻腔・口腔・唾液腺・中咽頭の病変にはMRI、喉頭・下咽頭の病変にはCTが第一選択となるが、亜部位ごとに特化した画像取得が不可欠である。

 The secrets of our institution for CT and MR image acquisition method which allows the appropriate evaluation of the head and neck cancers were specially opened only for YOU who is reading this document (However, only in Japanese, so please use Google Translate). MRI is the first chosen modality for cancers of the nasopharynx, sinonasal cavity, oral cavity, salivary gland, and oropharynx. CT is better modality for evaluation of the laryngeal and hypopharyngeal cancers. However, the specialized image acquisition method is indispensable, and the complementary diagnosis is necessary. Furthermore, the most important thing is the nice and dense communication between radiologists, physicians, and technologists.

RadFan2017年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る