Machine Learning時代を見据えたワークステーションの展望

category:要旨
2017.03.30

Machine Learning時代を見据えたワークステーションの展望
(独)国立病院機構山形病院放射線科 立石敏樹

 ワークステーションにおける3D画像は、形態認識や自動前処理、Work flow Templeteなどといった処理機能で、自動化や簡素化はもとより、精度、再現性が高まっている。3D画像の作成時間は以前よりずっと短縮されており、MachineLearningのWork flowを手がかりに最適化が求められている。

 3D image creation at the workstation is a processing function such as form recognition, automatic preprocessing, Work flow Templete, etc. In addition to automation and simplification, accuracy and reproducibility are increasing. Creation time of 3D images has been much shorter than before, and optimization is required based on the Work flow of Machine Learning as a clue.

RadFan2017年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る