人工知能は画像診断の“第4の技術革新”である

category:要旨
2017.03.30

人工知能は画像診断の“第4の技術革新”である
東京慈恵会医科大学ICT戦略室 中田典生

 ディープラーニングとよばれる人工知能(AI)の一手法は、コンピュータによる画像認識に技術革新を起こしつつあり、コンピュータは視覚を獲得したともいわれている。この技術は、近い将来画像診断に大いなる影響を与える技術であり、X線の発見、CT・MRIの発明に続く画像診断における第4の技術革新と考えられる。

 In the diagnostic radiology, the1st revolution is Roentgen’s discovery of the x-ray, the 2nd one is the invention of CT, and 3rd one is the invention of MRI. Recently, AI researchers recognize deep learning is the breakthrough of AI area. Current deep learning technology innovation began around 2010, first began with computer image recognition. Deep learning will be the 4th revolution in diagnostic radiology.

RadFan2017年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る