MRI2017─今後の動向─

category:要旨
2017.03.30

MRI2017─今後の動向─
1)順天堂大学大学院医学研究科放射線医学、2)東京大学医学部附属病院放射線科
髙野 直1)、萩原彰文2)、堀 正明1)、青木茂樹1)

 MRIの技術革新によってさまざまな撮像が可能となってきている。Synthetic MRIでは一度の撮像で、任意のコントラス強調画像を得ることができる。また、NODDI(neurite orientation dispersion and density imaging)やOGSE法(oscillating gradient spin-echo)によるバイオマーカー検出の可能性など、期待が大きい。MRIは非侵襲的に体内で起きていることを可視化できる素晴らしい技術であり、さらなる発展が期待される。

 In recent years, innovation of MRI provided various imaging. As for synthetic MRI, necessary contrastweightings are got by one imaging. In addition, NODDI (neurite orientation dispersion and density imaging) and OGSE method (oscillating gradient spin-echo) may detect new biomarker. We can reduce the scan time by compressed sensing and multi-band technique. This is effective for heart and abdominal examinations. MRI can visualize an internal change in the body noninvasively. It is a wonderful technique.Further development of the MRI is expected in the future.

RadFan2017年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る