2017年 X線CTの現状分析及び最新動向と今後の展望

category:要旨
2017.03.30

2017年 X線CTの現状分析及び最新動向と今後の展望
済生会川口総合病院 富田博信

 2017年、X線CTにおいて、多列化競争にも終止符が打たれ、上位機種装置では、体軸方向のカバレッジは16cmを上限となり、ワイドカバレッジ検出器を持つCT、3~6cm程度の検出器幅のCTと2局化されている。2017年、CT装置のキーワードは「高分解能CT」、「Dual energy CTの普及」「ワークステーションの自動化」がトレンドと予測する。

 In 2017, the X-ray CT ended multi slice competition, and in the high-end model device, the coverage in the body axis direction was the upper limit of 16 cm. Equipment with wide coverage detector and equipment with 3-6 cm have been bisected. I predict in 2017 that the keywords of X-ray CT are “high resolution CT”, “diffusion of dual energy CT”, “workstation automation” is a trend.

RadFan2017年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る