進化するディジタル画像(新しい画像解析)

category:要旨
2017.03.30

進化するディジタル画像(新しい画像解析)
市立甲府病院放射線部 中島正弘

 フィルムスクリーンシステムからディジタル画像へ医療画像が変化して十数年経過している。Computed Radiography(CR)が開発されてから約30年たち、X線画像の信号が濃度からディジタル信号に代わった。読影診断においてもフィルムからモニタへと変化している。コントラスト変化による診断からディジタル信号による診断に代わって画像診断から画像解析に変化している。現在の二次元画像解析から厚さや時間軸が入った三次元解析が行われるようになってきた。ディジタル画像診断が今後どのように変化していくのかを考えてゆきたい。

 Ten years have passed since the medical image has changed from film screen system to digital image.About 30 years since Computed Radiography (CR) was developed, the signal of X-ray image was replaced with digital signal from density. Even in diagnostic imaging, it changes from film to monitor.Instead of diagnosis by digital signal from diagnosis due to contrast change, image diagnosis is changed to image analysis. Three-dimensional analysis with thickness and time axis is now being carried out from the current two-dimensional image analysis. I would like to think about how digital imaging diagnosis will change in the future.

RadFan2017年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る