デジタルブレストトモシンセシス 遠隔読影の展望と問題点

category:要旨
2017.02.28

デジタルブレストトモシンセシス 遠隔読影の展望と問題点
セントメディカル・アソシエイツLLC/国立病院機構名古屋医療センター 広藤喜章

 デジタルブレストトモシンセシス画像は1回の検査で数100枚、数GB程度となり、検診など多数の撮影となれば膨大なデータ量となる。また、読影には他のモダリティも快適に動作するビュワーシステムや多大なネットワーク負荷にも対応したインフラ整備が重要となる。したがって、遠隔読影においては依頼側もこれらを理解し双方で環境を整えていくことが必要不可欠と考えられる。

 Digital breast tomosynthesis (DBT) has recently emerged as a new and promising three-dimensional modality in breast imaging.DBT system, however, generates vast amount of the digital imaging data.Therefore,infrastructure development such as advanced viewer and high speed network environment is indispensable to the images reading. In teleradiology,it is essential for clients and reading specialists to understand the DBT system and develop mutually.

RadFan2017年3月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る