SPECT・PETにおける画像診断の今

category:要旨
2017.02.28

SPECT・PETにおける画像診断の今
*1日本大学病院循環器内科、 *2日本大学医学部内科学系循環器内科学分野 
松本直也*1、鈴木康之*1、依田俊一*2、平山篤志*2

 心臓SPECT検査は従来型のNaIクリスタルを用いたγカメラから、高解像度、高感度、高エネルギー分解能とい
った特徴を持つ半導体検出器搭載γカメラに興味が移っている。心臓PETも心サルコイドーシスの病勢診断に保
険適応が認められたため、頻用されるようになった。形態学的診断から生理学的な検査の重要性が強調されている。
 We installed D-SPECT® in October, 2014 on our brand new hospital. The majority of SPECT scans at
our hospital are myocardial perfusion imaging (MPI), so the purpose of purchasing a cardiac SPECT
machine was to reduce waiting time. Not only that, this new technology allows us to perform 1)
simultaneous dual-isotope imaging, 2) low radiation exposure imaging and 3) high spatial resolution
imaging. Optimal patient imaging includes shorter acquisition time, short waiting period, improved
comfort and patient compliance, lower radiation exposure, lower medical cost and higher diagnostic
performance. We believe that most of those improvements are accomplished with D-SPECT®

RadFan2017年3月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る