MRI画像診断を循環器診療に活かす

category:要旨
2017.02.28

MRI画像診断を循環器診療に活かす
*1群馬大学医学部附属病院循環器内科助教
*2医療法人社団CVIC心臓画像クリニック飯田橋理事長
佐藤万基人*1、寺島正浩*2

 心臓MRIは数々の撮影単位を組み合わせることによって、心臓の形態や機能、冠動脈形態、心筋虚血の有無、心
筋障害など、循環器の多岐にわたる病態の評価を単独のモダリティーで行えるのが最大の特徴である。またT1マ
ッピングなど新しい技術革新も臨床応用が進み、今後ますます有用性が高まってくると考えられる。
 CMR provides a series of information regarding cardiac function, structure, myocardial ischemia or
tissue characterization, to evaluate pathology of various diseases. And latest technical progression,
represented by T1 mapping, will enhance the clinical utility of CMR.

RadFan2017年3月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る