冠動脈CTの最近の動向と可能性

category:要旨
2017.02.28

冠動脈CTの最近の動向と可能性
順天堂大学大学院医学研究科循環器内科学講座 高村和久、藤本進一郎

 冠動脈CT angiography(CCTA)は、冠動脈の狭窄を極めて高い精度で非侵襲的に評価が可能となったが、
高度石灰化やステントは今も診断の妨げとなる。近年、それらの改善に加え、冠動脈治療の指標である冠血流予備
量比(FFR)や心筋perfusionもCCTAのdataから求められるようになり、その臨床的有用性が期待される。
 Coronary computed tomographic angiography (CCTA) has emerged as a promising noninvasive
method for the detection and exclusion of obstructive coronary artery disease with high accuracy.
However, evaluation for coronary with severe calcification an in-stent remain problematic. Recently, in
addition to these improvements, coronary flow reserve (FFR) and CT perfusion, which is an index of
coronary artery treatment, is also obtained from CCTA data, and its effectiveness is expected.

RadFan2017年3月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る