より受けやすい 大腸CT検査のために

category:要旨
2017.02.28

より受けやすい大腸CT検査のために
株式会社伏見製薬所開発推進室 渡部朋子、安藤伸夫

 全大腸内視鏡検査や注腸検査に比べて受診者への侵襲が小さい大腸CT検査に、大腸CT用経口造影剤(硫酸バリウム製剤)によるタギングを用いることにより、受診者の負担をさらに軽減することが可能である。このタギングや遠隔読影により、大腸CT検査はさらに受けやすくなり、検査受診率の向上、大腸がん早期発見への貢献が期待できる。

RadFan2017年3月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る