造影超音波でのみ診断可能で RFAを施行した 低分化肝細胞癌症例

category:要旨
2016.11.29

造影超音波でのみ診断可能でRFAを施行した
低分化肝細胞癌症例
*1横浜市立大学附属市民総合医療センター・消化器病センター、 *2横浜市立大学附属病院消化器内科、 *3湘南藤沢徳洲会病理診断科
沼田和司*1、 二本松宏美*1、 石井寛裕*1、 羽尾義輝*1
道端信貴*1、 福田浩之*1、 中馬 誠*1、 田中克明*1
三輪治生*2、 前田 愼*2、 中野雅行*3

 われわれは造影CTでは同定困難、EOBMRI肝細胞相では周囲の肝組織にくらべてhigh signalと非典型的、一
方、造影超音波では典型的肝細胞癌所見を呈した腫瘍径11mmの低分化肝細胞癌症例にRFAを施行した。RFA
前の腫瘍生検でのorganic anion transporting polypeptide (OATP) 染色陽性であり、EOBMRI肝細胞相
でのhigh signal所見を裏付けた。
 We recently performed contrast-enhanced ultrasonography (CEUS) in a patient with histologically
proven poorly differentiated hepatocellular carcinoma (HCC); B-mode examination revealed small
hypoechoic lesion, 11 mm in the maximum diameter. CEUS showed typical HCC pattern (wash in and
wash out). In contrast, CECT could not detect the lesion and hepatobiliary phase EOBMRI revealed
hyper-intensity area and this finding is not typical findings of HCC. Organic anion transporting
polypeptide (OATP) staining revealed grade 2 positive staining of membrane of HCC and this finding is
compatible with hyper-intensity area on hepatobiliary phase EOBMRI.

RadFan2016年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る