胆膵疾患における 3次元超音波検査の画像再構築法

category:要旨
2016.11.29

胆膵疾患における3次元超音波検査の画像再構築法
横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター
合田賢弘、 三輪治生、 三箇克幸、 入江邦泰、 三浦雄輝、 杉森一哉、
沼田和司、 田中克明、 前田 愼

 3次元造影超音波検査は多彩な再構築法を用いることで、2次元造影超音波検査に比べて、腫瘍血管像や腫瘤
全体の造影効果をより詳細に評価することが可能な検査法であり、膵領域疾患の鑑別においても有用であると考
える。
 3D contrast-enhanced US (3D CE US) can visualize the tumor vessels and tumor strains more clearly
than 2D CE US. 3D CE US is useful for discrimination of pancreatic or biliary diseases, so we report the
actual imaging methods of 3D CE US.

RadFan2016年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る