今後の流れ〜目標線量指標Target Exposure Index(EIT)について〜

category:要旨
2016.11.29

今後の流れ
〜目標線量指標Target Exposure Index(EIT)について〜
奈良県立医科大学附属病院中央放射線部 中前光弘

 被ばく線量の増加が問題となっているディジタル一般撮影について、国際電気標準会議が2008年に提案した
新たな線量指標Exposure Index(EI)の考え方を紹介し、目標線量指標Target Exposure Index(EIT)を有効
に利用した撮影条件の最適化についての試みを提案した。各施設各装置各部位でのDRLを簡便に算出できる可
能性を示唆した。
 In digital general imaging, an increase in exposure dose is a problem. The International
Electrotechnical Commission(IEC) proposed a new dose index Exposure Index (EI) in 2008. Target
Exposure Index (EIT) was useful for optimizing imaging conditions. Finally, we suggested the possibility
to calculate DRLs at each site of each facility easily.

RadFan2016年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る