マンモグラフィにおけるDRL

category:要旨
2016.11.29

マンモグラフィにおけるDRL
岐阜医療科学大学保健科学部放射線技術学科 西出裕子

 NPO法人日本乳がん検診精度管理中央機構では、マンモグラフィ検査実施施設に対して線量と画質の評価を
行っている。2001年6月〜2014年6月に認定を受けたマンモグラフィ装置システム4,816台の平均乳腺線量を
調査し、その95パーセンタイル値2.4mGyをDRLとした。DRシステムが増加していることから、更なる最適化が
求められている。
  Average glandular dose (AGD) of 4816 mammography systems which were certificated in the Japan
central organization on quality assurance of breast cancer screening were corrected to decide the
diagnostic reference level (DRL) in mammography. The AGD was determined by measure the incident
air kerma at the upper surface of 40-mm thickness of PMMA using a glass dosimeter. The mean AGD of
4816 systems was 1.88mGy and the DRL was decided 2.4mGy at 95 percentile. But target/filter
combination and tube voltage were varied widely in each system, therefore it is needed to aim for
optimization of the exposure parameters.

RadFan2016年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る