計算による一般撮影の線量評価

category:要旨
2016.11.29

計算による一般撮影の線量評価
茨城県立医療大学保健医療学部放射線技術科学科 佐藤 斉

 X線出力に関するパラメータから計算ソフトウエアにより入射表面線量を求める場合は、適切にX線装置の保守
管理が実施されている必要がある。計算により患者線量を評価した結果は、線量適正化の検討や適確な線量コント
ロールに用いることができ、日常の医療現場では有用な手段である。
 In case an entrance surface dose is calculating from the parameter of an X-ray output using
calculation software, maintenance control of X-ray equipment needs to be implemented relevantly.
 Because it can use for the probe of dose adjustment of a consequence and the appropriate dose
control which evaluated the patient dose by calculation, it is a means useful at a usual medical field.

RadFan12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る