線量測定について

category:要旨
2016.11.29

線量測定について
藤田保健衛生大学 浅田恭生

 一般撮影領域では、DRLs 2015のDRL量は入射表面線量である。X線管焦点から検出器までの距離FCD のX
線ビーム中心軸上におけるX線出力Kai rを測定し、距離の逆2乗則によりX線管焦点からX線入射点までの距離
FSD における入射表面空気カーマKESに換算し、さらに後方散乱係数BSFを乗じて入射表面線量DESを求める。
 In the general radiography、 quantity of DRLs 2015 is an entrance surface dose. We measured X-rays
output Kair on the FDD(focus to detector distance) and converted it into entrance surface air Kerma KES
in FSD (focus to the X-ray entrance point) by inverse square law and we multiplied backscattering
factor BSF by it and estimated entrance surface dose DES of quantity of DRLs 2015.

RadFan2016年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る