X線CTの診断参考レベル (DRL):CTDIvolとDLP

category:要旨
2016.11.29

X線CTの診断参考レベル(DRL):CTDIvolとDLPとDLP
名古屋大学脳とこころの研究センター 小山修司

 X線CTのDRLで用いられている線量指標は、CTDIvolとDLPである。前者はCTDIファントム中の各点の平均吸
収線量を、後者はそれに体軸方向のX線照射幅を乗じたものである。本稿では、それらの求め方や、CT装置による
表示値と実測値の差異について、DRLとの比較の際に注意すべき点などにつき解説した。
 In the X-ray Computed Tomography, Diagnostic Reference Levels (DRL) are set in values of volume
Computed Tomography Dose Index (CTDIvol) and Dose Length Product (DLP). The CTDIvol is an average
absorbed dose in a CTDI phantom, and the DLP is the product of the CTDIvol and scanning length
(including overranging). In this article, the calculation method of these values, the difference between
display values on the CT console and measured values, and the precaution relating to the use of CTDIvol
for comparison with the DRL were explained.

RadFan2016年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る